HOME > エトセトラ

歯ぎしりについて






●歯ぎしりの原因
寝ているときはだれもが「自分はスヤスヤと眠っている」とお思いでしょう。しかし寝ているときのことなので、ほとんどの人は気づかない事が多いのです。歯ぎしりは、あごの異常な緊張によって起こります。直接の原因となるのはかみ合わせの悪さです。例えば

  ・歯並びが悪い     ・あごの骨の形に異常がある
  ・入れ歯があわない   ・抜けた歯をそのままにしておく

などです。歯ぎしりはかみ合わせの悪さ(歯の出っ張り)をなおそうと無意識のうちに調整しているのです。ほかにもストレスが原因で起こることがあります。

●歯ぎしりは放っておいてもいいのでしょうか?
歯ぎしりをするときにはとても強い力が働きます。そのため、歯の表面がすり減ったり、時には歯が欠けたりすることもあります。歯根の部分にも大きな影響を及ぼします。歯周病が進行しやすくなったり顎の関節に悪影響が出たりすることもあります。また、肩こりや頭痛などの症状も出ることがあります。
そうなる前に、家族などから歯ぎしりを指摘される方、朝起きたときにあごや歯に違和感のある方は歯科医師のチェックを受けて下さい。

歯ぎしりの治療としてはかみ合わせの改善やマウスピース(ナイトガード)を就寝時に着用することによって歯を守り、負担を軽減します。



スポーツ用マウスピースについて(スポーツ用マウスガード)

激しくぶつかり合うスポーツの際に歯や口の周りを怪我から守るためにスポーツ用マウスピースの装着をお勧めします。弾性のある材料で作られており上の歯全体を覆う形になっています。
顎の関節への衝撃が和らいだり脳震盪の予防効果もあります。
スポーツ用品店に簡易系の物もありますがそれぞれのお口に合った形の物でないためにかみ合わせなどに不具合が出ることがあります。
歯科医院で型を採ることによって個人に合ったものを装着することをお勧めします。オーダーメイドになりますので装着感もよく
安心してスポーツの練習や試合に臨むことが出来ます。


                                   ▲ページトップに戻る